Official Blog

ブログ

MG-B 1965年

IMG_4449

最近のEvitaはレストア作業に大忙し!
順次レストアから上がった車を試すべくトライ&チェックを繰り返し
春からボチボチ始まるクラシックカーイベントに向けて試乗を重ねております。
レストアはうちの職人たちに任せて、ドライブは私の仕事!いーとこ取り(撮り?)です。

そんなドライブ中に見つけた最近のお気に入り
「イギリスの片田舎」 を思わせるダートコースです。
コーナー進入でギアを落として、カウンター当てて、スライドさせて~、
なんてことも楽しめちゃう、ライトウェイトのMG-Bには持って来いのコース。
夢中になってドライブを楽しめるその様は、何と表現すれば良いのか・・・
子供のころに見つけた自分だけの秘密基地で遊ぶような感覚とでも言うのでしょうか?
一人一人友達に声をかけては、「絶対に内緒な!」なんて言っておきながら友達が友達を呼んで、結果秘密じゃなくなったりもするのですが。それでも時間を忘れてみんなで走り回った自分たちだけの基地。ま~子供がいける程度の基地ですからおおよそ大人は目を付けているもので、あるとき間を空けて行ってみると、そこはブルドーザーやショベルカーなんかで壊されていたりして、なんとも言えないやるせなさを感じたものですよ。

ここもいずれは大人の事情で壊されてしまうんでしょうが、
それまでは、私のスペシャルステージとして「お気に入りに保存!」

002

IMG_4545

こちらも私のお気に入りに保存された場所!
サンタモニカでの夕暮れ with MG-B。 (なんちゃって~^^;)
大人の事情かなんかで開発されたとあるリゾート地。
実はアメリカに所縁の多いクルマだけにこんな風景にもベストマッチするMG-B。
第二次世界大戦後、MG初の量産車として目され、
アメリカ(北米)をターゲットに販売総数の2/3がアメリカに渡ったとされております。
21世紀になった今でもアメリカでは現存する個体がまだ多く(パーツも豊富)、
多くのクラシックカーイベントでは必ず見かける車です。
エンジンバリエーションも直4、直6、V8の3パターンありましたが、
直4、1800ccをスタンダードとし、MG-B本来が持つライトウェイトオープンカーを満喫するならば迷わず直4をチョイスじゃないでしょうか?
クラシックカーイベントやサーキット走行、日常の足として
オールマイティにこなせるようEvitaでは今後量販を検討しております。
走って良し!眺めて良し!コストパフォーマンスに優れたMG-B。
お気に入りのステージで一緒に走りませんか?
もちろん「みんなには内緒でね!」。

003

MG-B の中古車情報はこちら>>

 

 

Photo & Text by O.I


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です